月曜日, 10月 22, 2018

柳の家の三人会@パーシモンホール

先日(18日)めぐろパーシモンホールで「柳の家の三人会」を聞く。

出演者と演目は下記の通り

柳家圭花  「浮世根問」(うきよねどい) 
柳家喬太郎 「夢の酒」
 〜 仲入り 〜
柳家三三  「金明竹」
柳家花緑  「紺屋高尾」

開口一番は柳家花緑の弟子の柳家圭花。風貌や語り口から柳家三三の弟子かなと思ったが(三三に弟子はいない)、1200人満員の客席にも全く物怖じせず飄々と話す大器。じっくりゆっくり古典の王道を歩んでもらいたい。

喬太郎のマクラはお得意の沿線駅語り。今はもうないが東横線「高島町」駅と代官山駅の終点ひとつ前の駅の比較。これにはお客の多くが東横線沿線住民ということもあり、いきなり大盛り上がり。続けて彼が住む池袋愛を発揮して隣駅(目白と大塚)の違いを力説する。いつもながら喬太郎のマクラは楽しい。で、このままマクラで終わってしまうかと思ったら、池袋でAVを借りてしまったという夢話から「夢の酒」へ。「夢の酒」は若旦那の夢に嫉妬する嫁(お花)をなだめる大旦那が同じ夢を見に行くというお話。本来ならばお花が夢に対していじらしく焼き餅を描くのだが、そこは喬太郎、膝を立ててお花の嫉みを大きく表現して場内を笑わす。

「寿限無」と並んで早口言葉で有名な「金明竹」。普段は前座噺として後半部分だけが寄席などで頻繁に掛けられるが、今回は松公がどうして骨董屋の店番をしているかなど前半部分も詳細に演じる。これまで柳家三三の落語は何度も聞いているが、私はどうも相性が良くなく、いつも感心することがなかった。しかし、今日は違った。喬太郎、花緑には申し訳ないが、この日一番の出色の出来だった。というのも、なんというかこれまで感じていた師匠(柳家小三治)の色を全く感じさせなかったからだ。三三は落研出身でなく小三治の純粋培養で育った落語家のため、どうしても小三治の色を出してしまう。しかし、この日は弾けていた。飛んでいた。怖いもの知らずで自分を曝け出していた。落語はやっぱり無の境地で馬鹿にならないと。

「紺屋高尾」は神田紺屋町の染物職人、久蔵が吉原の三浦屋・高尾太夫に恋患いをして、3年間あくせく働きお金を貯めて彼女と会い、その心意気に惚れた彼女が翌年の年季明けに久蔵に嫁ぐというハッピーエンドな廓噺。これまでに何人ものこの噺を聞いたが、柳家花緑の「紺屋高尾」は心地よい。なんというかお客と一緒になって親近感を感じさせる。艶っぽいところも明るく演じて心をウキウキさせてくれる。人によって「こんな軽い『紺屋高尾』なんか」と云うかもしれないが、ハッピーな気持ちで家路(私は飲み屋だが)につかせてくれるのも嬉しいものである。

今回の「柳の家の三人会」は演目はいわゆる定番中の定番だったかもしれないが、喬太郎の熱演、三三の好演、そして、花緑の快演と三者三様で大満足の落語会だった。

日曜日, 9月 09, 2018

第73回扇辰・喬太郎の会

昨日(8日)は国立演芸場で「第73回扇辰・喬太郎の会」を聞く。入船亭扇辰と柳家喬太郎は同期。落語会には同期の勉強会は数多くあるが、この二人会ほど人気のあるものはなくチケットはいつも即完売。

さて、演目は下記の通り。仲入り後の2席はネタおろし。

柳家寿伴   「金明竹」
入船亭扇辰  「田能久」
柳家喬太郎  「品川心中」
 〜 仲入り 〜
柳家喬太郎  「親子酒」
入船亭扇辰  「江戸の夢」

開口一番の 柳家寿伴は柳家三寿の弟子。柳家三寿は五代目柳家小さんの弟子なのだが、私は一度も聞いたことがない。そして、前座である柳家寿伴も初めて聞くが、彼は年齢もある程度いっているので物怖じしない姿勢と滑舌の良さで前座離れしている。将来楽しみだ。

マクラは藪歯医者の話。「田能久」は芝居好きの久兵衛さんが一座を結成。旅の途中で大蛇の化身である老人とトラブルになるという噺。これまでにこの噺は何度も聞いているが、正直あまり好きになれない。そのせいか、それとも競馬疲れか睡魔に襲われる。

マクラは翌日に控えた謝楽祭のために今日は打ち上げがないという暴露話(ホント?)と、落語監修をしている10月からNHKで始まるドラマ「昭和元禄落語心中」の裏話。いつもながら喬太郎のマクラは楽しい。さて「品川心中」は売れなくなった遊女・お染が貸本屋の金蔵を道連れに自殺をしようという廓噺。この噺、本来はしっとりした古典風の展開で描かれるのが一般的だが、喬太郎ということでどことなく現代風。いいんです。w

「親子酒」は断酒した親子が結局はその禁を破るというお決まりの噺。喬太郎がこのネタを持っていなかったのに少し驚いたが、噺の主軸を親子だけでなく、女将さんと旦那子供にも置いているところが面白い。喬太郎ワールドだ。

「江戸の夢」は劇作家宇野信夫が六代目三遊亭円生のために書いたもの。初演は1967年(昭和42年)11月。もともと歌舞伎の台本だったのでかなりドラマチックな展開。お話は庄屋の武兵衛が江戸見物の折に、婿の藤七に頼まれて浅草のお茶屋・奈良屋にお茶の出来具合を鑑定してきてもらいたい、として訪ねる。そして、藤七と奈良屋の関係が明かされていく・・・。とてもネタおろしとは思えないほど完璧な扇辰の話しぶり。江戸近郊の田舎の光景や江戸の大店の光景が目に浮かぶ。まるで喬太郎の師匠である柳家さん喬のよう。ブラボー!

水曜日, 9月 05, 2018

安倍政権下での災害の数々

数年前TwitterやMixiなどのSNSで「民主党政権だから東日本大震災が起きたんだ」と言う愚かなことをいう輩がいっぱいいた。しかし安倍政権になってから西日本を中心に多くの災害が起きているに「安倍政権だから災害が立て続けに起きるんだ」と言う輩はいない。不思議だ。
 
下記は安倍政権になってから災害の数々。
 
2015年(平成27年)9月   関東東北豪雨
・鬼怒川氾濫、常総市浸水
2016年(平成28年)4月14日 熊本地震
・震度7、熊本城大被害
2016年(平成28年)7〜8月 平成26年豪雨
・広島市土砂災害
2017年(平成29年)7月   九州北部豪雨
・朝倉市・日田市大被害
2018年(平成30年)7月   西日本豪雨
・倉敷市真備町水没、広島県・愛媛県など土砂災害 
2018年(平成30年)6月18日 大阪地震
・ブロック塀倒壊、大阪府北部中心に被害
2018年(平成30年)9月4日 台風21号
・関西地方大被害、関西空港無機能化
【追記】
2018年(平成30年)9月5日 北海道地震
・全道停電、厚真町大規模土砂崩れ

火曜日, 8月 28, 2018

夏バテにアイス枕

どうやら夏バテである。

土曜、日曜と正午から午後4時まではいつも通りに競馬に興じた。成績は土曜も日曜も収支はプラスで良かったのだが、そのあとがイケナイ。ジムに行って運動でもしようかと思うが、体が思うように動かない。思わず「あれ?」「夏バテ?」と感じて体温を計ると37.2度。う〜ん、では少し寝るかとソファに横になったら、なんと2時間以上も眠ってしまった。

そこで、東洋医学に精通している知人にメールをしたところ「麹で作った甘酒、スイカ、きゅうりなどを食べましょう」「持続性のあるアイス枕で寝るようにしましょう」「微熱は気にしなくていいです」などのアドバイスが次々と送られてきた。ありがたい限りである。で、それを実践したところ、なかなか調子がいい。特にアイス枕のおかげで薄かった眠りが深くなったような気がする。


夏バテだと思ったら、食事も大事だがアイス枕を利用しましょう。なお、このアイス枕、製品によって冷たさがかなり違うみたいなので、タオルを使ってうまく温度調整をしましょう。

月曜日, 8月 20, 2018

第八回春風亭正太郎の冒険

昨日(19日)はめぐろパーシモンホール(小ホール)で「春風亭正太郎の冒険」を聞く。春風亭正太郎は1981年目黒区生まれ。春風亭正朝に入門して13年。地元での落語会も今回で8回目。定員200人の会場は満杯で7〜8割は女性。そして、その半分近くは年配の方で、彼女らはまるで自分の子供の晴れ姿を見るかのよう。(笑)

演目は下記の通り。

金原亭駒六  「元犬」
春風亭正太郎 「棒鱈」
       「鰻の幇間」
 〜 仲入り 〜
林家二楽    紙切り
春風亭正太郎 「景清」

開口一番の前座・金原亭駒六は金原亭馬生の弟子。面長でインテリ風な顔立ち。その話し方も落ち着いている。馬生師匠のお弟子さんということから、正統派落語の王道を歩まれるのではないだろうか。

「棒鱈」は隣座敷になった酔っ払いの町人と田舎侍のドタバタを描く噺。落語にはお酒にまつわる噺はいくつもあるがこれはその代表的な滑稽噺。春風亭正太郎はとにかく声がいい。滑舌は当然のことながら、その使い分けが上手い。この噺においても単に酔っ払いの声だけでなく、奇声を使って下手な歌をところなど絶品である。

「鰻の幇間」は幇間の一八が鰻を食べたいがために、太鼓持ちをするが逆に客に逃げられてなけなしの10円(明治時代は大金)を払う羽目に合う情けないお噺。登場人物は幇間の一八と客の二人だけということもあり、キャラクターを明確に分けて演じる。ただ、どうも正太郎には幇間が似合わない。育ちの良さからだろうか、それともその体型からだろうか・・・。

ゲストは紙切りの林家二楽。まずはハサミ試しに桃太郎を切った後にリクエストに応える。1つ目は「両国の花火」。花火と力士を艶やかに描く。2つ目は「カピバラ」。カピバラは春風亭正太郎の愛称もしくは別名であり、二楽師匠はその辺をちゃんとわきまえていてカピバラと正太郎を一緒に描く。そして、最後は弟子(実の息子でもある)の林家八楽を呼び寄せて「ネコ」を親子で紙切り。完成させたのは「ドラえもん」と「ドラミちゃん」。鮮やかな共演である。

「景清」は個人的に好きな演目の一つ。盲目の定次郎が願掛けのために100日続けて観音さまに通うが、満願の日になっても目は開かない。ところが、そこに雷鳴が響いて定次郎は失神。そして、気がついたら目が見えるという人情噺。春風亭正太郎にとって今回がネタおろし(初演)だったが、そんなことを微塵も感じさせず、ぐいぐいとお客を話に引きづりこんでいく。是非とも「十八番」の一つにしてもらいたい。頑張れ、カピバラ。

水曜日, 7月 18, 2018

子供の頃の気温と今年の気温

子供の頃(小学校高学年)夏休みになると私は毎日のように学校のプールに泳ぎに行っていた。そのおかげで夏の時期の記憶はしっかり甦る。

小学校4年生だった1964年、この年の梅雨明けは7月22日でほぼ平年並みだったが、翌23日に最高気温が33.7度を記録してからは連日32〜33度が続いた。そして、8月の中旬には34〜35度の日が続き大変な猛暑だった。また、この年は梅雨の降雨量が極端に少なく「東京砂漠」といわれる水不足の年でもあった。それゆえに、プールの取水制限が行われ、8月の終わりころは全く泳げなかった。そして、この年は10月に東京オリンピックを控えたこともあり、時の建設大臣河野一郎が利根川から緊急に水を引いたり、東京のあちこちで井戸を掘ることになってしまったことをよく憶えている。ちなみにこの年の8月の平均気温は27.8度あり、月平均の最高気温も32.2度もあった。

小学校5年生の1965年は平年並みの夏だった。梅雨明けは7月27日と遅く、翌々日の29日にようやく30度超えして13日までは暑い日々が続いたが、それ以降は30度を超える日は少なかった。この年は前年のような水不足もなく、私はこの年に2種の泳法で100m以上泳げるようになり1級の認定をもらった。ちなみにこの年の8月の平均気温が26.7度で、月平均の最高気温も30.8度と過ごしやすい夏だった。

1966年は最終学年。この年の梅雨明けは7月19日だったが、この年はちょっと冷夏だった。プールがとても冷たかったことを覚えている。中学受験をする連中はプールに来なくなり、また1級のクラスで泳ぐようになったため、かなりスピードを出して泳ぐようになった。それでも、クラスで一番の森敬子にはとても敵わなかった。その彼女も今では鬼籍の人になってしまった。もう一度、彼女と泳いでみたかった。この年の8月の平均気温は26.9度で、月平均の最高気温30.4度だった。

このように子供の頃(小学校高学年)は1964年を除いては、最高気温は33度ぐらいが普通であり、現在のような暑さを感じることはほどんどなかった。もちろん、家にはエアコンなどなく扇風機だけで十二分に過ごすことができた。

最後にちょっときになるデータを1つ。この10年間で月平均の最高気温値を出したのは、記憶に新しい猛暑だった2010年8月で、その数値は33.5度(過去最高は1995年8月の33.7度)である。しかしながら、今年の7月はまだ16日までのデータにもかかわらず32.1度もある。もしこのまま最高気温が35度前後の日々が続くと8年前の記録を破ってしまう・・・。加えて言うならば、東京の観測地点は2014年11月に大手町の気象庁から北の丸公園に代わり、最低気温は1度以上、最高気温は0.5度以上低くなったと言われている。つまり、もしこの7月の最高気温値が33度を超えたならば、実質2010年8月のあの猛暑を超えた暑さということにもなってしまう・・・。

月曜日, 7月 16, 2018

長崎大水害を知っていますか

この7月5日(木曜)夕方、西日本で豪雨災害が起き始めている時、私は広尾のレストランで相方と食事をしていた。そのとき私が勝手に話題にしたのが長崎大水害。というのも、その日の午後2時に気象庁は臨時の記者会見を行い、梅雨前線がしばらく停滞するため、西日本と東日本では大雨が降る状態が8日ごろまで続き、記録的な大雨になるおそれがあると警告していたからである。

長崎大水害は1982年(昭和57年)7月23日から24日にかけて長崎県長崎市を中心とした集中豪雨で、その死者・行方不明者は300名近くになった大災害である。私は当時某出版社に勤めていて、その酷い状況をテレビおよびラジオで注視していたので鮮明な記憶がある。ただ、相方は私より一回り近く歳が離れていることもあり、当時高校生で夏休みだったらしく長崎大水害のことをよく覚えていない、と言った。

最近の水害というと4年前の広島市を中心とした土砂災害が記憶に新しいが、私はなぜか今回の水害が長崎大水害のようになるのではという嫌な予感がしていた。しかし、同じ時間帯に安倍晋三をはじめとした50人近い自民党議員たちは「赤坂自民亭」と称して議員会館で長崎大水害のことを思い出すこともなく宴会にあけくれていた。

私は言いたい。「赤坂自民亭」でハシャいでいた自民党議員よ、長崎大水害のことを思い起こすことはなかったのか。広島土砂災害のことを思い出すことをなかったのか。一般市民である私ですら危惧しているのに、それを思い返すことができない政治家など無用の産物である。

自民党・公明党政治に早く終止符を打たなければ日本は滅びてしまう。
https://www.youtube.com/watch?v=Vl2azVToRnc

木曜日, 7月 12, 2018

柳亭市弥 & 春風亭朝之助@第28回チェロキー寄席

昨日(11日)は学芸大学「Cherokee LIVE TAVERN」で柳亭市弥と春風亭朝之助出演の「チェロキー寄席」を聞いてきた。

先々月聞いた春風亭正太郎と柳家ほたるは絵を得意とする落語家ということで「画伯の会」もしくは「絵師の会」と勝手に名をつけたが、今回は共に1984年生まれということで「84年生まれの会」もしくは「子年の会」または「ネズミの会」である。w

さて、演目は下記の通り。

柳亭市弥   『唐茄子屋』
春風亭朝之助 『蛙茶番』
 〜 仲入り 〜
春風亭朝之助 『幇間腹』
柳亭市弥   『禁酒番屋』

『唐茄子屋』は与太郎が掛け値なし、つまり原価でカボチャ(=唐茄子)を歩いてしまうという小話風な落語。柳亭市弥は7月上旬は柳亭左龍師匠らと共に東北を巡業してきたという。そこで毎日地元の人たちとの打ち上げで飲み食いして体重が3キロも増えてしまったとか。そのせいかどうかわからないが、話し方に以前より余裕がある。与太郎が生き生きして気持ちよかった。

『蛙茶番』は素人芝居の巨大なガマガエル役を急な代役で頼まれた定吉と舞台番の半次が繰り広げるドタバタ劇。春風亭朝之助は師匠の春風亭一朝譲りの江戸弁で話を進めていくが、若干空回りの感がある。江戸弁は威勢がいいだけではないと思う。

『幇間腹』は道楽な若旦那が幇間の一八に針を打つという話。今度は春風亭朝之助の威勢のいい江戸弁は快活に聞こえてくる。不思議である。また一八の喜怒哀楽や裏表の顔の使い分け方など素晴らしい。

『禁酒番屋』は酒の番人がいるところをどう通り抜けるかという話で、そのために、酒屋がカステラ屋なったり、油屋、そして最後に小便屋までになるという滑稽噺。イケメンで女性にも人気がある柳亭市弥だが、この噺のような下世話な噺が意外というかかなり合う。この噺、師匠の柳亭市馬でも聞いたことがあるし、柳家喬太郎でも聞いたことがある。柳家の得意どころなのだろうが、市弥も是非とも十八番にしてもらいたい。

木曜日, 5月 10, 2018

柳家ほたる & 春風亭正太郎@第26回チェロキー寄席

昨日(9日)は学芸大学「Cherokee LIVE TAVERN」で柳家ほたると春風亭正太郎出演の「チェロキー寄席」を聞いてきた。

落語家というのは多彩な趣味(もしくは芸)を持つ人がいる。なかでも音楽や踊りを得意とする人は多い。また今回出演の2人のように絵を得意とする人もいる。柳家ほたるは猫の絵を、そして春風亭正太郎は似顔絵を得意とする。その意味において今回の二人会は「画伯の会」もしくは「絵師の会」でもある。w さて、演目は下記の通り。

柳家ほたる  『たらちね』
春風亭正太郎 『たがや』
 〜 仲入り 〜
春風亭正太郎 『看板のピン』
柳家ほたる  『幾代餅』

1席目。マクラは師匠(柳家権太楼)と一緒に行った熊本での出囃子の曲を間違えるという気のきいた(?)おばちゃんの話。「たらちね」は長屋の八五郎と言葉使いが馬鹿丁寧なお清との珍問答を繰り返すという噺だが、柳家ほたるはこれをほとんど淀みもなく語る。ただ、八五郎に比べてお清のインパクトが薄い。もっともっと大袈裟に表現してもいいのかもしれない。

2席目。両国の川開きの日(5月28日)に両国橋の上で、たがや(桶や樽などを竹で絞めるロープのようなものを売る商売)と侍の一行の経緯を描く話。基本的に町人が武士を揶揄する話。春風亭正太郎は情景描写が上手い。川開きでごった返す両国橋の情景というか状況を上手く語る。ただ、逆にたがやが侍を討ち果たす描写が少し生々しく滑稽さがない。これではオチに面白みがでない。難しい落語である。

3席目。「看板のピン」は博打の話である。オチが聞いている人にも想像がつくという話なので、いかに独自の話術で話を進めていくかという落語である。春風亭正太郎は軽妙かつスマートに話を展開していく。ただ、壺振りのシーンをもっと誇張した方がオチに面白みが出るような・・・。

4席目。「幾代餅」は個人的には大好きな演目。つき米屋(精米店)の奉公人清蔵が吉原の花魁・幾代太夫を娶るという、ある意味夢物語のような廓噺。清蔵の実直ぶりと花魁の艶かさの対比をいかに描くかで話の良し悪しが決まる。柳家ほたるはその風貌からして、清蔵の実直ぶりは無難にこなすが、幾代太夫の吉原にいる悲哀というか憂愁が今ひとつ。これを克服すれば、十八番にできるのではないだろうか。

それにしても、今回の会は長かった。仲入りまでに1時間10分あった。普通の落語会なら普通だが、チェロキーだと長く感じてしまう。というのも、木の椅子に長時間直接座るとお尻が痛くなる。せめて座布団もしくは小さなクッションが欲しい。

さて、次回(6月13日)のチェロキー寄席は入船亭小辰と入舟辰之助の「扇辰弟子の会」。東急東横線沿線でお時間のある方は是非とも足を運んでみてください。

金曜日, 5月 04, 2018

イチロー実質的引退

イチローが実質的にMLBを引退した。マリナーズはイチローと生涯契約を結ぶと言っているが、イチローの今シーズンの出場は今後なし。これは現監督がイチローに対して戦力外通告をしたものの、マリナーズは大功労者であるイチローに対する敬意と同時に、来年日本で開かれるMLB開幕戦(アスレチックス vs マリナーズ)のことを配慮したと思われる。つまり、来年の監督次第だがイチローは来年の日本での開幕戦および本拠地シアトルでの開幕戦を最後に登録メンバーを離れるだろう。つまりこれが完全な引退になる。

昨今のイチローの打席を見ていると、そのほとんどが振り遅れの内野ゴロばかりである。これは間違いなく動体視力の低下によるものである。こうなると、残念なことだが昨今のゴロよりフライを好むメジャーの監督としてもこういった選手を使いたいと思わなくなる。ということで、球団は現監督およびイチローのことを思い、今回のような処遇(=措置)になったのだろうと思う。

いずれにしろ、いつかこういうときがイチローにもやってくるとは思っていた。イチローは20代の頃好きだったTVゲームも封印して、動体視力の低下をしないように心がけていた。他にも野菜をほとんど食べないという偏食も改善していたと聞く。しかしながら、改善できないのは寄る年波である。なんと言っても44歳である。イチローと比較するのはおこがましいが、私は30代後半にバックパックで旅する力の限界を感じた。おそらく多くの人が似たような体力の限界を感じたことがあると思う。

イチローは2001年から18年MLBに在籍している。その間に新人王、MVP、首位打者、ゴールドグラブなど数多くの賞を受賞して、通算安打も3000本を越えている。しかし、そんな彼が得ていないものがある。ワールドシリーズ・チャンピンリングである。松井秀喜、田口壮、松坂大輔らが得ているリングを彼は持っていない。ただ、イチローが生涯契約を続けるならば、いつかマリナーズが優勝すればそのリングを手にすることができるかもしれない。しかし、その生涯契約がいつまで続くかは神のみぞ知るである。